前へ
次へ

便利になっている宅配買取

以前の古本などの宅配買取は、ネットで事前に申し込んでどんなものをどれくらい送るかを相手に伝え、仮査定をしてもらうパターンが多かったです。
その後ダンボールでものを送り、本査定に了承すれば入金となりました。
そのため、手続きが多く時間もかかり、途中で面倒になる人も多かったようです。
その宅配買取の煩雑さはどんどん解消されています。
今はネットで申し込むと量に応じたダンボールと送付状が送られてきて、それに詰めて送るとやることは終了です。
いきなり本査定をしてもらい、メールで結果が送られてきて、返信しなくても一定期間経てば取引成立になります。
これは業者にとっても効率がいいのでお互いにウィンウィンだと言えるでしょう。
値段のつかないものは処分してもらえるよう前もって決めておくと、そのまま処分してもらえます。
もし値段がつかないものを返して欲しい場合も自己負担で可能です。
細かいやりとりがほとんどないので、引越しなどの忙しい時でもありがたいです。

Page Top